小海線についてKOUMILINE

愛称は八ヶ岳高原線

 JR小海線は小淵沢駅(山梨県北杜市)から小諸駅(長野県小諸市)までを結ぶ、全長78.9 kmの東日本旅客鉄道の鉄道です。
 八ヶ岳の麓、標高1000mを超える野辺山高原を走り、清里駅─野辺山駅間には標高1375 mのJR鉄道最高地点があります。野辺山駅はすべてのJRの駅で最高の標高にあり(1345.6m)、あわせて9駅がJR駅標高のTOP10に入っています。小諸に向かって左手に八ヶ岳を臨み、高原地帯を走ったのち、千曲川沿いの谷間を抜け、佐久平地域に入ると市街地となり、通勤通学の足としても利用されています。

 佐久平駅は北陸新幹線との接続駅で、岩村田駅と中佐都駅の間は高架となり、新幹線の上を走るという全国でも珍しい構造になっています。小諸市に入り、乙女駅からはしなの鉄道と並走して終点の小諸駅に到着します。

 小海線は、観光列車、地域の人の足などいろいろな顔を持った路線です。ぜひ訪れて、小海線の旅を楽しんで下さい。

小海線路線マップ

Google MAPで見る